園芸情報 vol.28
51/64

◆スイカ品種選定試験≪目的≫ 函南町のスイカ産地に適し、6月下旬収穫で外観・内容ともに品質に優れ、商品性の高い優良品種を選定する。≪供試品種≫No.品種名会社名備考1羅皇ザ・スイートナント種苗株式会社2RW62株式会社神田育種農場3春のだんらん417株式会社荻原農場標準品種4栄冠丸種株式会社5春爽赤株式会社大和農園6YW-4株式会社大和農園7紅太鼓東洋農事株式会社8羅皇ナント種苗株式会社9スマイリーdash株式会社松井農園10夏のぜいたく株式会社荻原農場11縞無双HL株式会社神田育種農場12MWX-404丸種株式会社13稀勢丸東洋農事株式会社≪試験場所≫ 函南町畑毛(黒ボク土)≪試験経過≫ 播種 台木 平成31年2月3日(品種:つわもの)    穂木 平成31年2月7日 栽植密度 株間45cm、条間1.5m 収穫調査 令和元年6月17日 函南スイカは、5月下旬から7月下旬にかけての出荷が主体の産地であるが、本試験は、定植が3月20日、交配4月25日~5月2日、収穫調査6月17日と当産地で標準的なトンネル栽培の作型で実施した。≪選定品種の特定≫ 6月18日に行われた公開審査での投票の結果、下記の3品種が優良品種として選定された。No.7 紅太鼓 (東洋農事株式会社) 果実は、大玉傾向で、やや腰高で多収性に優れていた。No.11 縞無双HL (株式会社神田育種農場) 果実糖度は高めで、甘味の評価も高く、シャリ感にも優れ、空洞果の発生も見られなかった。No.13 稀勢丸 (東洋農事株式会社) 秀品率が高めで、果実糖度は高めでシャリ感にも優れ、空洞果の発生も見られなかった。(参照:平成30年度 野菜品種選定試験成績書 資料第62号)平成27年度品種選定試験平成30年度品種選定試験49

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る