園芸情報 vol.28
26/64

コマツナ◦◦◦◦  収量性・在圃性・耐病性に優れる晩生品種で、春から秋まで栽培が可能な高温期向けコマツナ。草姿は極立性で、高温期でも葉枚数が多く、葉軸の重量が優れ、荷姿はボリューム抜群である。白さび病、萎黄病に耐病性がある。 草姿が極立性で作業性に優れ、葉色は濃緑で照りも強い。耐暑性、耐寒性に優れ、周年栽培が可能である。特に高温期に能力を発揮する。高温期でも株張りがしっかりとしており、葉が伸びすぎず収穫適期が長く在圃性に優れる。細根は多めで耐湿性が強く、水田裏作などに適する。 低温期用品種。草姿は極立性で葉枚数が多く、株張りも極めて良い。低温乾燥に強く、カッピング症状は少ない。萎黄病に対して、高い耐病性を持つ。 春から秋にかけての長い作型に対応。収穫作業効率が良く高収量品種。細根が多く多雨等の環境変化にも強い。萎黄病の耐病性を持つ。 立性で揃いが良く、作業性に優れる。葉柄は太くボリュームがあり、束数のでる多収品種。葉形は卵形でやや小さいため、収穫時のからみが少ない。 高温でも一定の速度で生育し、多雨、高温等の環境変動に強い。葉も軸も濃緑色でカッピング少なく、平滑で高品質。一代交配 つなしま一代交配 いなむら一代交配 陽 翠一代交配 春のセンバツ一代交配 里ごころ一代交配 夏の甲子園24

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る