園芸情報 vol.27
24/64

チンゲンサイ◦◦◦◦  葉柄の幅は広く、厚みがある。高温期の節間伸長が少なく形状が整うので、盛夏での栽培で威力を発揮する。葉先のチップバーンなどの生理障害に非常に強い。また白さび病にも比較的強く、栽培が容易。初冬から春のトンネル・ハウス栽培では50~55日、初夏から秋の栽培では40~45日で収穫できる。比較的吸肥力が強いので、盛夏時も盛んに生育し、若干早期に収穫することができる。 葉色は濃く、葉柄部はツヤがある。ボリュームがあり、形状のまとまりがある。晩抽性であるため、冬播き栽培に適し、播種幅が1~4月と長い。 葉色、葉柄ともに鮮緑色のネコブ病抵抗性品種。高温期の節間伸長が少なく、残暑性があり石灰欠乏症の発生が少ない。収穫幅が広い。 葉柄は筋張りなく、着色良く、葉数も多め。尻張りがやや遅く、ジックリと肥大し、また芯は極めて小さく、収穫が遅れてもス入り、空洞が発生しにくい。 葉色はやや濃く、ボリューム感のある中脚品種。株張りも良く形状がまとまり、春栽培に向く。草丈は「春賞味」より長い。最暑期での栽培はやや不向き。 5月下旬から9月播きの夏専用品種。高温期でも節間伸張性がなく、葉枚数が多いので株重量があり多収。また、チップバーンやカッピングなどの高温障害には殆どかからない。早生で草姿は立性で軸が短く倒れにくく、生育の揃いも良い。春の早播きは抽苔の恐れがあるので避ける。一代交配 夏双子一代交配 冬大賞一代交配 エンロン一代交配 ニイハオ114一代交配 粋醐味一代交配 夏あおい22

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る